アイロンめんどくさい!とバイバイする、たった2つの解決方法

この記事がおすすめな人
  • モノを増やしたくない人
  • 時短で暮らしたい人
  • 一人暮らしでアイロンがない人
  • アイロンが必要な服があるけどめんどくさい人
  • シワのつきにくい服の選び方に悩んでいる人
  • とにかくめんどくさいことが嫌いな人

(アイロン大好き!苦じゃない!という人にはお役に立てそうにない記事です…)

綿シャツワンピースなど、着ようとしたらシワで困った!

でも、アイロンはめんどくさい!時間もない!

そんな人に解決法をお伝えします。

アイロンめんどくさい問題の解決方法
  1. シワになりにくい服を買う
  2. 衣類スチーマーで時短でシワを伸ばす

素材を自由に選べるなら、はじめからシワになりにくい服を選ぶ。

仕事服など、服そのものを変えられない時は衣類スチーマーを使う

衣類スチーマー

この2つの解決法なら「時短・かんたん・省スペース」です!

私自身、嫌いな家事トップ3に洗濯物を畳むことアイロンがあります。
ですが、この解決方法を導入してから服の管理が本当に楽になりました!
この記事で詳しく解決法を紹介しますね。

fuwari

衣類スチーマーでストレスから解放されたよー

>>すぐに解決方法を知りたい方はこちら

>>おすすめの衣類スチーマーが知りたい方はこちら

タップできる目次

アイロンがめんどくさいと感じる時

  • 可愛いと思って買った服が洗濯したらシワシワになった
  • マキシ丈のボリュームのあるスカートで布の量が絶望的に多い
  • 朝急いでいるのに着たい綿シャツやワンピースがシワシワだった
  • アイロンを出したけど準備に時間がかかりすぎる

朝、急いでいる時に着たい服がシワシワだと絶望的な気分になりますよね。

いや、夜見ても「疲れたのに、今からアイロンかぁ…」とめんどくさい気持ちがむくむく。

でも、シワシワの服で出かけるのはだらしない気がするし、気分も上がりません。

アイロンは準備に時間がかかることも、めんどくさい気持ちに拍車がかかります。

  • アイロン台を出して
  • アイロンにスチームのお水を入れて
  • 温まるのを待って…
fuwari

辛い…

その上、立体的な服だとアイロン台を使ってシワを伸ばすのは難しい…

「アイロン、めんどくさい!」と感じてしまいます。

fuwari

不器用には辛すぎる!

めんどくさいのにアイロンしないといけない理由

  • 仕事服だから仕方なく
  • シワが許容範囲を超えたから
fuwari

服のシワが許容範囲内なら、そのまま外出したい…

わたしはそちら側のタイプなのですが、外に出て人と会う時は最低限のマナーとしてシワシワの服はやっぱり避けたいです。

できればアイロンはしたくない!でも仕方ない…

これがアイロンをかける理由の現状とも言えます。

【解決法①】アイロンめんどくさい問題を衣類スチーマーで解決する

衣類スチーマーで解決
  • アイロン台が不要で衣類スチーマー本体だけでシワのばしが完結する
  • 服をかけたまま使用可能でかんたん
  • 立ち上がりが30秒を切るスチーマーのあり思い立ったらすぐ使える
衣類スチーマーの弱点
  • アイロンほど完璧にシワは伸ばせない

衣類スチーマーは、シンプルに言うと「そこまで器用でなくても、短時間でそこそこシワを伸ばせる」便利なアイロンの代用品的な存在です。

衣類スチーマー
衣類スチーマーを使っています!

アイロンほど完璧にシワを伸ばすのは難しいですが、忙しい朝でもさっと使える気軽さが1番の魅力。

「アイロンがめんどくさい」という理由で先延ばしにしていた人にはとてもおすすめです!

シャツ1枚だと、立ち上げから含めて2〜3分で「着ていけるな」と言う状態に仕上がりますよ♪

>>私が使用している衣類スチーマーはコレです♪

【解決法②】アイロンめんどくさい問題を服の素材選びで解決する

服の素材選びで解決
  • 天然素材の服はシワになりやすいので避ける
  • 化学繊維の服はシワになりにくい◎

アイロンがめんどくさい!なら、はじめからアイロン不要のシワになりにくい服を選ぶのも解決方法のひとつです。

シワになりにくい素材

積極的に選びたい!
  • ポンチ素材
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ポリウレタン
  • ウール

いわゆる化学繊維(合成繊維)と呼ばれる素材は、服の生地となる糸が強く目が詰まっているものが多いので、お洗濯をして乾かしてもシワになりにくい特徴があります。

ちびクロ

服の繊維が詰まっていて均一だからシワになりにくいんだね

他にも、ウールのような動物性の繊維は弾力性があるのでシワになりにくいですよ。

ここは注意!
  • 通気性や吸湿性は劣る
  • 夏場は汗の臭いが気になるかも

アイロンめんどくさい勢には救世主のような存在であるシワになりにくい素材ですが、通気性や吸湿性が劣るところは注意が必要です。

  • 夏の暑い時
  • めちゃくちゃ寒い冬

こんな風に、着心地や保温性を優先したい時は、シワになりにくいというメリットよりも、天然素材の服を選ぶ方が満足度が上がりそうですよ。

シワになりやすい素材

選ぶ時に注意!
  • 綿
  • キュプラ
  • レーヨン

天然素材でできている生地は、糸が自然素材ならではの不均一さでふんわりと空気を含みやすく、肌触りの良さや保温性の高さが魅力です。

一方、その良さが「服のシワ」という視点ではデメリットに。

お洗濯後服が乾く時に縮み方が不均一になり、シワになりやすくなります。

おすすめの選び方

アイロンめんどくさい問題から考えると「全てシワになりにくい素材を選びたい!」となりますが…

TPOに合わせて素材選びをすれば後悔がありません。

アイロンがめんどくさい方に、おすすめの服の素材選びの例を紹介します。

シワになりにくい素材を選んだ方がいい時

  • 座ることが多い日のボトムス
  • 仕事服など毎日のように着る服

服がシワになると何が困るかって、見た目の問題が1番大きいですよね。

デスクワークが多い人はボトムスの素材選びにに注意するだけでも印象が変わる可能性大です。

また、毎日のように着る服の素材をシワになりにくい服にするだけで、アイロンする回数が減って楽になります。

天然素材の方がおすすめな時

  • 梅雨や夏場などさらりとした着心地が欲しい時
  • 見た目の風合いを重視したい時

天然素材はシワになりやすいですが、あえてシワ加工されているようなデザインを選べばアイロンをかける回数は減るかも。

また、夏服などは素材も軽めの服が多いので、衣類スチーマーを使えば手間を少なくできておすすめです。

アイロンがめんどくさい!は衣類スチーマーと服の素材選びで解決できる

「アイロンめんどくさい問題」はコレで解決!

  • アイロンよりもお手軽で便利な衣類スチーマーを使う
  • ポンチ素材・ポリエステル・ナイロン・ウール・ポリウレタンなどシワになりにくい素材を選ぶ
  • 綿・麻・キュプラ・レーヨンはシワになりやすいので用途に応じて選ぶ

全部シワになりにくい服に出来ればかんたんに解決。

ですが、そうはいかない場面もあるので、衣類スチーマーが1台あれば安心です。

BRUNO(ブルーノ)衣類スチーマー

衣類スチーマーだと2分くらいでシャツ1枚が、外出するのに気にならないくらいにシワが取れるので、アイロンよりもかんたんでおすすめ◎

アイロンがめんどくさい!

この問題を手放して、ファッションライフがより楽しめますように♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちびクロのライター。
air ClosetとDROBEはじめてみました( *˙˙*)
時短で楽しくおしゃれに暮らしたい、働くアラフォーです。

コメント

コメントする

タップできる目次